ブックマーク
ぱぁ~ぼす日記 ユズ君のその後
(´・ω・)ノ★*゚*☆*゚*遊びに来てくれて ありがとうです*゚*☆*゚*★ヽ(・ω・`)
写真を撮るのが大好きで ブヒも大好き
自己満足で 最近あまり更新できない 我が家のブログですが よろしくね(*・ω・*)v
それでは かぼみかんワールドへどうぞ!
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.07 ユズ君のその後
今日、動物病院に行ってきました。
昨年に引き続きユズ君の“プチッ”の診察です。
そしてワサビ姫も診察。
ワサビは年末に膣炎になり、またその症状ができました。
なので、注射とお薬。

さてさて本題のユズ君ですが、
インターフェロンを2回打っても“プチッ”は育ちました。
以前は8ミリ×6ミリくらいだったのが、1センチ位。
なので、1/12に手術する事になりました(/_;)
すべて手術で取りきれるかわからないけど、
取れるだけ取って、その“プチッ”を検査にまわすそうです。
少しは覚悟して病院に行ったけど、やっぱり手術って決定になるとショック。
我が家で1番臆病なユズ君なので、心配。。。
でも、きっと無事に終わってお口の所もすっきりするでしょう。
今からドキドキです。。。

我が家の犬達は動物病院の待合室が大好き。
色んな人&犬が来るから。
もう、パタパタしっぱなし。
ついつい私も
『あんたら そんなにパタパタしてるとパタパタしない注射してもらうからね~!!』
と、言ってしまう(;^_^ A
そして今日も別の患者さん(?)に言われました。
『こんなに元気なのにどこが悪いの?』
これって時々言われるんですよね~。
そして私の答えは『元気がなくなる病気じゃないんですぅ~』
待合室ではこんなに元気な我が家の子達ですが、
診察台に上がると、さっきとは別人(別犬)
ちぃ~んとしてます(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。